The Shooter TRAINING DVD


「試合で『自信』を持ってシュートが打てない…。」

バスケで、こんな悩みを抱えていませんか?トレーニング法を見直し、自分にあった正しい練習を続けることでシュート力は確実に向上します!

シュート力を左右するのは、成功するシュートをいつでも打てる《再現性》を身に付けているかどうかです。「The Shooter TRAINING」では、トレーニングを通して、選手のカラダの中に眠る《シュート感覚》を引き出し、再現性の習得を目指します。このDVDは、選手が自らの気づきを得て、答えを導く「ガイドライン」としてご利用いただけます。

「The Shooter TRAINING」では、シュート感覚を引き出す《6つの要素》を順番にトレーニングしていきます。

東芝ブレイブサンダース(現:川崎ブレイブサンダース)に入団後、チームのサポートを受け、ドイツブンデスリーガのクラブチームBG Göttingenのキャンプに参加しました。1ヶ月にわたる滞在中、早朝のクロスカントリーから戻ると決まって行なっていたシュート練習がありました。裸足でコートに立ち、片手でシュートする「シュートメモリー」というトレーニングです。シューティングコーチからは「チカラの流れを感じ、正しいシュートの軌道をカラダに記憶させなさい。」と教わりました。朝陽の差し込む体育館で、自分の動作と向き合うこと約10分間。

この瞑想のようなトレーニングを帰国後も続け、シーズンの3Pシュート成功率を「30%台」から「40%台」に引き上げることができました。成功率40%を超えたシーズンは計5シーズン。数字で評価が決まるトップリーグで、長くシューターとしてプレーできたのも、ドイツで出会ったトレーニングが土台になっているからです。

The Shooter TRAININGでは、シュートメモリーをはじめ、ドイツで学んだ数々のトレーニングをポイント解説とともに分かりやすくお伝えします。

シュートで重要なのは「ムダな動作」を削ること。本編では、実戦で使えるコンパクトなシュート動作の習得を目指します!

「シュートが届かない・・」そんな悩みを持っている方へ、ボールを遠くへ飛ばそうと、力一杯シュートを打っていませんか?
実は、ここで意識するのは「パワー」ではありません。筋肉の緊張は、動作を分断し、「チカラの流れ」を殺してしまうからです。
  
大切なのは、

「脱力」と「出力」のタイミング

「どこで力を抜いて、どこで力を入れるか」タイミングをつかむことで、シュート飛距離を伸ばすことができます。

「The Shooter TRAINING DVD」Factor4 【リズム】では、脱力をつくり、シュートリリースの「タイミング」を整えるトレーニングを行います。

トレーニングを実践することで、「シュートが届かない」悩みを解消します!

コーチやチームメイトの信頼を勝ち取って、試合で活躍するためには、シュート決定力が不可欠です。「正確性」が備わる前に、シュート飛距離を伸ばそうとすれば、仲間の信頼を失うことにもつながります。The Shooter TRAINING では、「シュート決定力」をテーマに、ていねいにシュートレンジを広げていきます。

以下は主宰するスクールの
小学校5年生(11歳)のシューティング動画です。

▲オールスター戦にて(左から2人目 #1小野元)

「The Shooter TRAINING DVD」のリリースにあたり、選手・コーチの皆さんからいただいたメッセージを紹介させて頂きます!

スクールコーチの皆さんから指導現場で役立つと反響をいただきました!

バスケットの魅力は、試合を通してシュートチャンスがたくさんあること。試合でシュートを決める「成功体験」を掴むことで、バスケットがもっと楽しく好きになれると信じています。
このDVDがシュート力アップの一助となれば嬉しいです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

–  小野 元 -